フォト

最近のトラックバック

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

2020年3月29日 (日)

1.9MHzに挑戦(したい)

QRLLで全く記事が書けずにおります。

202003291317000

この間、コンテストの賞状を頂くなど、記事にする出来事はあったのですが・・・。

202003291318000

さらに、噂の1.9MHzに出られるアンテナも用意したので、気持ちだけはいつでも挑戦したいのですが・・・。

いずれにしても、落ち着いたら、是非とも1.9MHzに出てみたいと思っております。

2020年2月 8日 (土)

第39回東京UHFコンテストに挑戦(結果)

標記コンテストの結果が主催者のページに掲載されていました。事前に予告メールがあったものの、先に連絡のなかった東京CWコンテストの結果が発表されたので、どうしたのかなと思っておりました。 

結果は、都外430MHzバンド(一般)7エリア 1位(参加1局)でした。

2019tkuhfre

当日は、クラブ対抗に貢献できればと思って挑戦したのですが、こちらも無事入賞することができ、お役に立ててよかったです。 交信頂いた皆様、ありがとうございました。

2020年2月 6日 (木)

第24回東京CWコンテストに挑戦(結果)

標記コンテストの結果が主催者のページに掲載されていました。

結果は、都外電信430MHzバンド 1位(参加5局)でした。

2019tkcwre

当日は、災害ボランティアのために移動地を選び、FT-817のQRPかつ12KGでの挑戦でしたが、コンテストの神様に何とか入賞させて頂けたようです。おそらく、次点の方とは1マルチ違いで、といったところではないかと思っております・・・。

交信頂いた皆様、本当にありがとうございました。

ー・・・-

当局のポリシーとして、あまり非難めいたことは記事にしないのですが、さすがにあんまりなので・・・。

栃木コンテストの結果なのですが、差し替えがあったり、先日まで再集計だったり、それ自体は、いろいろな事情があるのでしょうが、毎回変わらず書かれている「電信 ○○MHz部門」という記載は眉をひそめてしまいます。規約では、「電信:オールバンド(シングルバンドを含む) 」となっているのだから、そのような部門は設定されていないはずです。

点数の再集計は、異議申し立て等で差し替えがあるにしても、部門の設定は主催者側でしているのだから、それと矛盾する結果発表というのは、ちょっとなあと感じます。

運営が大変であれば、無理にコンテストを開催されなくても、と思うのは当局だけでしょうか。

2020年1月18日 (土)

2020隅田川七福神アワードの運用に挑戦(結果)

無事、今年の隅田川七福神アワードの運用期間が終わりました。2019年は、お役に立てなかったので、今年は多少でも、と頑張ったつもりです。

まず、最初の運用は、3日にQSOパーティーにあわせて、親子3人での運用でした。こちらは無事、ログも提出し、ステッカーが今年もつながりました。

202001181859000

しばらく時間が空きましたが、11日には茨城県への移動運用で、各バンドからQRVすることができ、たくさんの方と新年のご挨拶をすることができました。その後も、12日に栃木県芳賀郡益子町に行き、主に7MHzでの運用を行いました。

202001121359000

14時から運用開始しましたが、16時30分まで大変コンディションがよく、7エリア以外の各局と交信させて頂きました。強い局は、隣町からの430MHzFMなのではないかという強さで安定して交信でき、こういうコンディションが今年は多いといいなと思いました。

202001121352000

7MHzのダイポールを展開するのに役立ったのは、nanoVNAでした。どこに共振点があるのか一目瞭然だったので、アンテナ設置の時間短縮に大きく貢献してくれました。

202001121352001

このサイズだと移動運用でもお手軽に使えて、FBですね。

13日は、オール埼玉コンテストでしたが、終了後の帰り道に栃木県栃木市(大平山)に行き、V・UHFでの運用を短時間でしたが行わせて頂きました。もちろん、少しでも多くの方にお役に立てれば、というのが一番ですが、実は自分自身もメンバー各局との交信が進んでいなかったということもあります・・・。

13日の運用終了時点で、MIXでA賞は達成していたのですが、あとクラブ局からの0番で430MHz・FM特記ができるという状態でしたので、モヤモヤしており、結局、最終日の15日も仕事が終わった後、栃木県栃木市(大平山)に行って、最終日の運用をしつつ、クラブ局との交信を無事済ませることができました。

今年の反省点としては、今年は親子で出ておられないんですか?との声を多くいただきました。これは、単身赴任なので、東京から呼び寄せることも難しく、また学校行事との兼ね合いもあって、数年前のような運用が難しくなっているという状況です。

2020fuku

来年に向けては、うまくできる方法を考えてみたいと思いますが、いずれにしても2020年は結果的に267局の方々と交信させて頂くことができました。多少でもお役に立てていれば幸いです。交信頂いた皆様、ありがとうございました。

2020年1月16日 (木)

第34回オール千葉コンテストに挑戦(結果)

標記コンテストの結果が、主催者のページに掲載されていました。

結果は、千葉県外 個人局電信電話QRP 1位(参加5局)でした。

2019cbr

2位の方はきっと背中が見えているはずなので、何とか逃げ切れた、というところでしょうか。

ただ、QRPではない、電信電話をふと見てみると1位の方は90局、224点、66マルチなので、逆にこちらは背中が見えていた、といえるかもしれません。当日を振り返ると、局数は上回っているものの、電信の局数とマルチの差が、聞こえていても届かないHFに原因があるのだと思うのですが、その点はこれ以上の努力が難しいので、追いつくのは難しいかなと思っています。

久々のコンテストでしたが、何とか入賞させて頂くことができました。交信頂いた千葉県内局の皆様、本当にありがとうございました。 

2020年1月14日 (火)

第38回オール埼玉コンテストに挑戦

時系列で言えば、一昨日の「2020隅田川七福神アワードの運用に挑戦」の記事なのでしょうが、昨日の標記コンテストの記事を先にさせて頂きます。

さて、昨日は、朝5時に出発して、夜23時に帰ってきましたので、記事を書く元気もありませんでした。先ほど、電子ログを提出したのですが、予想以上の結果となり、びっくりしています。

元々は、15県内から県外局として挑戦する予定でした。ですが、入賞が難しいなら、隣県なんだから乗り込みしてみてはと思い至り、せっかくならニューマルチですと、言ってもらおうと入賞とかを抜きに、珍しいところに行こうと思ったのでした。

202001131502000

というわけで、埼玉県児玉郡美里町に行きましたが、お手軽挑戦だったこともあり 写真の通り同軸ケーブルの長さが足りない始末・・・。あり合わせの基台等で何とかしのぐことができ、9時には間に合うことができました。なお、写真のアンテナの通り、50~1200MHzのS-SVU部門でした。

202001131501000

リグもIC-706MK2GとDJ-G7という、アナログな組み合わせで、助手席にただ置いただけという、コンテスターからは、お手軽ですねと言われてしまう設備でした。その上、作戦もなく、開始後は電話でCQを出していたのですが、しばらくたってから電信の方が点数が高いから、普通は電信からスタートするよなと気づく始末・・・。ですが。

20stq

CQを出せば呼んでいただくことができ、1時間あたり40局以上のペースで息つく暇もなく、最後までナンバー交換させて頂きました。途中ペースが落ちているのは、呼び周りをしていたからですが、呼び周りも心掛けた結果、マルチを増やすことができました。

20stm50 20stm14

20stm43 20stm12

1200MHzは、オマケという感じですが、その他のバンドは、県内のマルチをそれなりに確保でき、結果的に予想以上の結果となったところです。とはいえ、マルチが確保できてもよさそうなところが取れていないですし、呼び周りをしているときに、片方の局しか聞こえないことも多く、移動地を選ぶのは難しいなあと感じました。また、電信では、終始、違法局のカブリに悩まされ、1局がNILとなってしまい、貴重な2点を頂くことができなかったのが残念でした。

ずっと自動車の座席に座っている1日でしたので、今日は体が痛いのですが、それを差し引いても、目論見通り貴重なマルチをありがとうございます等のお声を頂き、大変楽しむことができました。ナンバー交換頂いた皆様、ありがとうございました。

2020年1月12日 (日)

2020隅田川七福神アワードの運用に挑戦(11日)

今年最初の記事ですので・・・。

新年おめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

さて、年末年始は10都に戻っていましたので、QSOパーティも無事親子で挑戦できました。今年から七福神アワードも1日からということでしたので、QSOパーティにあわせて、少しだけお役に立てたかなという状況でした。

今年は、15県にいろいろな機材を持ってきていますので、昨年よりは皆さんのお役に立たなければと、昨日は他のクラブ員の移動運用に合流させて頂きました。

202001110929000

午前中は、茨城県土浦市から7MHzを運用しましたが、やはりコンディションは今一つで、少し残念でした。それでも、探していました、との声を頂きまして、来たかいがあったなあと思いました。

202001111232000

午後は、茨城県石岡市(カーナビの表示による)からVUHFを運用しましたが、コンスタントにお声がけいただきました。クラブコール分を含めて145局の方と交信頂くことができ、多少はお役に立てたかなあと思っております。

今日も、午後に15県内から少し運用したいと思っております。隅田川からはかなり遠いのですが、聞こえておりましたら、よろしくお願いいたします。

交信頂いた皆様、ありがとうございました。

2019年12月15日 (日)

2020隅田川七福神アワードの運用に挑戦(事前)

所属クラブの隅田川七福神アワードの打合せに行ってきました。

201912152141000

今回から規約改正があります! 大きくは2点。

  • 1月1日午前0時からスタートします。
  • 賞は、5局以上、同一局2回までの制限がなくなります。例えば、JN1ZUAで0~7番全部を揃えることも可能になります。

ということで、少しはハードルが下がるのではないかと思っております。とはいえ、A賞を目指す方が多いと思いますが、こちらは今まで通り、重複しない局からなので、JN1ZUA+メンバー7局との交信を目指して頂く必要があります。

そういう意味では、当局も頑張りたいと思っております(期間中、15県内からも運用に挑戦したいと思います)。聞こえておりましたら、是非、新年のご挨拶をさせて頂ければと思いますので、宜しくお願いいたします。

ー・・・-

最近、世の中で話題のものを私も手に入れてしまいました。

201912152137000

nanoVNAですが、最新のファームウェアになっているようです。1200MHzのプリンテナで測定してみました。

201912152137001

写真の通り、900MHz以上も測定できますし、左上に電池表示もありました。作業の手間が減ってラッキーでした。ちなみに、900MHz以上では、暴れるとの記事がいくつかありましたが、今回手に入れたものは、それほど汚い波形にはなりませんでした。シールドなしの個体でしたが、ファームウェアの関係でしょうか・・・。

とはいえ、このあたりの周波数は参考データかも知れませんね。いずれにしても、移動運用するときに気軽にアンテナの調整ができそうです、hi。

2019年11月23日 (土)

第39回東京UHFコンテストに挑戦

所属クラブのクラブ対抗に多少貢献できればと思い、15県内から挑戦しようと思っていたのですが、あいにくの雨。降り方も強く、タイヤベースを使ってまでの運用は躊躇してしまう天候でした。

モービルホイップのお手軽運用で挑戦するなら、いっそのこと、マルチサービスを兼ねようと、5時に起床し、約2時間かけて、15県を数百メートル超えた07013/E村からQRVしました。

201911230728000 

今日は、無事24KGです(苦笑)。終始、雨が降りやまず、外気温6度の中、無事6時間を走り切りました。一応、1200MHzも出れるようにDJ-G7とプリンテナ(5エレ)を持って行ったのですが、外に出れる状況ではなく、車内からは聞こえていても、取ってもらえずで、結果的に430MHzシングルとなりました。

2019tkuhf

一応、IC-706MK2Gの20Wで運用したのですが、時折エンジンを切ってQRPで運用したため、ペースが落ちています。9時台も、どうせパイルに負けるだろうとQRPで運用しました。そのような中、5Wのか弱い信号を確実にピックアップされる局も多く、さすがだなあと思いました。

2019tkuhfm

全体に移動局が少なかった印象ですが、それでも広くマルチを頂くことができました。ただ、マルチは取れなかったものの、聞こえていた区もあるので、タイミングが悪かったのか・・・。特にFMではS&Pをして、交信済みの局が多くなったら、なるべくRUNしてみたのですが、なかなか呼ばれませんでした。きっとこちらには聞こえない局がその周波数でCQを出しているんだと思いますが、そこが07県からだと難しいなあと思いました。

それでも遠く関東と東北の境から、それも別エリアから東京都支部のコンテストに挑戦するというのはとても新鮮でした。多少なりとも07マルチが各局のお役に立っていれば、と思います。交信頂いた皆様、ありがとうございました。

2019年11月 5日 (火)

第24回JARL栃木コンテストに挑戦(結果)

標記コンテストの結果が改めて主催者のページに掲載されていました。

県内個人電信マルチバンドでの挑戦でしたが、再度確認したところ3位(参加局5局)とのことでした。

2019tochigir2

フライングでの記事だったようで、お恥ずかしい限りです。やはりほかにも参加局がいましたよね・・・。

電信電話部門よりも電信部門の方がハイレベルな戦いだったので、電信電話部門に出ていればと思ったものの、それもまた作戦ですよね。

いずれにしても来年のこの日は予定が既にあるので挑戦できませんが、いつかまたチャンスがあれば挑戦してみたいと思います。

交信頂いた皆様、改めてありがとうございました。

«第24回東京CWコンテストに挑戦