フォト

最近のトラックバック

2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 電通大コンテストに挑戦(結果) | トップページ | ドイツでの運用に挑戦(現地編2) »

2012年12月30日 (日)

ドイツでの運用に挑戦(現地編1)

色々ありましたが、ドイツに予定通り入国できました。

問題のミュンヘン空港の税関では、赤い出口に進み、男性検査官にアマチュア無線機器を所持しているのですが、と申告しました。先方から、職業上のものかと聞かれたため、職業上のものではなく、ホビーだと回答し、ドイツ主管庁の許可証を提示した上で、帰国時には持ち帰ると申し添えました。

先方から、念のため機材を見たいと言われたため、スーツケースを開けて見せたところ、日本に持ち帰るのであれば、このまま通過してよいとの回答を得て、晴れてドイツ国内にアマチュア無線機器を持ち込むことが出来ました。

ちなみに、ノートパソコンとデジタルカメラは、機内持ち込み手荷物だったので、乗り継ぎのフランクフルト空港でも申告しましたが、ミュンヘン空港ともに日本に持ち帰ることと、職業上のものではないことを伝えたところ、現物も確認を受けず、通過してよいとの回答を得ました。

というわけで、税関では特段のトラブルは生じませんでした。

さて、今日、ドイツでQRVを予定しているホテルに着いたので、先ほど準備をしました。何とか釣竿アンテナで、電波は出るようなのですが、とても静か(現地時間29日21時、日本時間30日5時)で、7MHzや18MHzで何も聞こえてきません・・・。あまりアンテナ設置が良い条件ではなさそうです。

一応、明日の朝(日本時間30日夕方)に21MHz辺りで、もう一度出てみたいと思います。何とか、1局でも良いからQSOしてみたいものです・・・。

« 電通大コンテストに挑戦(結果) | トップページ | ドイツでの運用に挑戦(現地編2) »

ドイツ運用記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドイツでの運用に挑戦(現地編1):

« 電通大コンテストに挑戦(結果) | トップページ | ドイツでの運用に挑戦(現地編2) »