フォト

最近のトラックバック

2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« ZK3Tに挑戦 | トップページ | 6m&Downコンテストに挑戦(賞状到着) »

2013年1月28日 (月)

ドイツでの運用に挑戦(反省編3:完結)

最後の反省編です。今回は、免許取得についてですが、反省というより、要望に近いかもしれません。

何といっても、無線局免許状の英文証明の取得に意外と時間がかかりました。また、相手国の主管庁での免許取得にも相当の時間がかかってしまいます(相手国へは郵送なのでやむを得ないのかも知れません)。

なので、海外から運用しようと考えるならば、日本の手続きで1か月相手国の手続きで1か月かかると考え、3か月程度の時間は最低必要と思われました。従って、来週から急に出張だけど、という場合には、なかなか海外運用を気軽にはできないかも知れません。(フランスや米国など手続き不要を除く)

一方で、DARCのページを見るとCEPT協定を締結している国の免許であれば、ドイツ主管庁での許可は不要とされています。CEPTとは、欧州郵便電気通信主管庁会議(European Conference of Postal and Telecommunications Administrations; CEPT)のことですが、欧州外の国でもCEPTと協定を締結することができ、そうすることで在住の主管庁発行の免許を下に協定国内での運用ができるようになるようです。(色々なページでもそのような話題を拝見します。)

ぜひ、色々壁はあると思いますが、日本の主管庁にも協定を締結して頂ければ、日本から海外での運用だけでなく、来日したアマチュアが運用しやすくなると思うので、前向きに取り組んでほしいと思います。

ちなみに、制度的には日本の免許は包括免許ではないので、そう簡単ではないかも知れませんね。諸外国は、人に対しコール(呼出符号)が付与されていますが、日本は無線局(設備)に対しコールが付与されています。海外の(従事者)免許を持つ方(米国ではそれでもコールがあるはず)が、無線機を持たずに入国し、無線機無しに日本の局免許を申請しても恐らくコールは付与されないでしょうから。

後、日本のID-31が海外のレピータで使えたり、海外のD-STAR機で日本のレピータが使えると、本当にボーダーレスでアマチュア無線が楽しめそうです。アイコムさんにも期待したいですね。

さて、これで、ドイツ運用記も結びとしたいと思います。もし、お問合せがあれば、コメント等にて頂戴できれば、分かる範囲でご回答させていただきます。

次の海外運用はいつどこからできるでしょうか。その前に国内の離島あたりからも出てみたいなあと思っております。今回の経験を生かして、いつもの徒歩移動も多少スキルアップできたかと思いますので、今後とも聞こえておりましたら是非お声掛けください。

追伸:ZK3Tの検索ワードでこのブログをご覧の方が多いようですが、ご期待に沿えるほどの情報を掲載しておらずお恥ずかしい限りです。

« ZK3Tに挑戦 | トップページ | 6m&Downコンテストに挑戦(賞状到着) »

ドイツ運用記」カテゴリの記事

コメント

はじめまして、記事を興味深く読ませて頂きました。
来月中頃に出張でドイツに行くことになりそうなので、どうなんだろうと調べ始めたところ発見しました。
今回は出国までの期間が足りないので、現地での運用は難しいかなと思っています。
また昨今、ドイツ入国時の税関・通関?が厳しいというニュースがあったので、ID-31を使った手軽な
D-STARも考えましたが、日本の無線機をそのまま持ち込んでも運用できないようですね。
ミュンヘンはレピーターまで距離があるので難しそうですが・・・。
情報提供ありがとうございます。

WBWさん
コメントありがとうございました。米国FCCのライセンスをお持ちであれば、「DL/米国のコール」で運用できますが、日本のライセンスのみの場合は、ドイツの主管庁の許可が必要なので、急に決まった出張でというのは、難しいかと思います。
D-STARのことを含め、日本人が海外行く場合でも、海外の方が日本に来られた場合でも、もっと気軽に運用できるようになると、アマチュア無線の活性化に一役買えるのではないかと思っています。
これを機会に今後とも宜しくお願いいたします。(無線でもお会いできれば幸いでございます。)

JH1OESさん
こんにちは。JA3VQWです。
小生も2012年の夏にDL/JA3VQWで120QSOしてきました。OESさんもお書きのように非常に手続きが面倒でした。
そこで一念発起して今回FCCのExtraを取得して、この冬にはDL/wのコールで運用しようと考えています。
しかし、DARCのHPの記述やFCCの記述などを読むと、DL/Wのコールで運用できるのは、FCCのGenaralかExtraの資格を持ち、なおかつUSAの市民権を持っている人物 というふうになってますが、日本国籍でもDL/Wのコールでの運用が本当に可能なのでしょうか。
何か情報をお持ちでしたら、よろしくお願いいたします。
73

VQWさん
はじめまして。コメントありがとうございました。
日本国籍の方が、米国FCCライセンス・コールを使って、CEPT協定に基づくドイツ国内での運用をすることが可能かとのご質問ですが、申し訳ございません、私もこの点、詳しくありません。DARCのページから問合せしていただくのが確実かと思います(英語でも質問可能です)。
http://www.darc.de/referate/ausland/kontakt-zum-referat/
お力になれず本当に申し訳ございません。また、無線でもお会いできることを楽しみにしております。今後とも宜しくお願いいたします。
追伸 もし可能でしたら、私も興味がありますので、DARCの回答を情報提供いただければ幸いでございます。

JH1OES さん こんばんは。8月9日にNJ3Qのコールが発給されたので、その後DLの主管庁であるBundesnetzagengur との間で何度かメールのやり取りがあったすえに、
次のようなことが判明しました。
小生がまずBundesnetzagengurに郵送したのは、FCCのライセンス、JAのパスポート、JAの局免、JAの従免のそれぞれコピーと、何とかFCCのコール(NJ3Q)でDL/NJ3Qのコールを発給してくださいという内容の、英文の手紙です。
これに対して、今日、Bundesnetzagengur 所定のapplication form と7日間の免許なら無料、3ヶ月以内なら70ユーロ払ってください、というメールがきました。
今回の滞在は少々短いのと、円安もあるので7日間の無料のほう用のapplication form を郵送しようと考えています。
結局のところは、局免、従免の総通での英文証明が要らないだけなのですが、まぁ一歩前進ではないかと思っています。
実際にDL/NJ3Qで発給されるのか、ひょっとしたらDL/JA3VQWで発給されるのかは、運用許可書が来ない限り少々不明ではありますが、取りあえずの報告です。

VQWさん
こんばんは。その後の情報提供ありがとうございます。米国免許と日本免許の二本立てでの申請をした場合どちらのコールをホームコールと判断されるのか、気になりますよね。
もし、米国免許をホームコールとされたなら、申請なしでのCEPT協定に基づく運用もできなくもなさそうですが、日本免許をホームコールとされたなら、やはり日本人は申請が必要ということになりそうですね。(それでもおっしゃるとおり、英文証明不要となれば、期間短縮効果大です)
大変貴重な情報をありがとうございました。ぜひ、続報をお寄せ頂ければ幸いでございます。

OESさん、こんにちは。
9/17にBundesnetzagentur に書類を送り、9/30にDL/NJ3Qでの臨時免許が発給されました。
多分、日本国籍かつFCCライセンスを元にした初めての臨時免許ではないかと思っています。
昨年のJAの免許を元にした申請時よりも、ずいぶん処理が速かったように感じています。
73

VQWさん
こんばんは。FBなレポートありがとうございました。米国免許をホームコールと判断頂いたようですね。

また、日本の英文証明が不要となると、ドイツ側の手続きの約1ヶ月だけとなるので、ドイツでの運用のハードルが下がりますね。ドイツは周辺国の距離が近いので、アンテナを工夫すれば、FT-817でも十分楽しめるのではないかと思うので、ぜひ多くの方に引続き挑戦していただければなあと思っております。
(私も米国国内住所の壁を乗り越えて、米国免許に挑戦してみようかなという気になりそうです、hi)。

この冬、ドイツ国内からのお声が聞こえておりましたら、ぜひコールさせて頂きます。良い旅になりますよう、お祈りしております(もちろん、国内でも今後ともどうぞ宜しくお願いいたします)。

2013年12月16日から、DL/NJ3Qで運用を開始しました。FT897(40W)とロングワイヤーです。

打ち上げ角が高いので、ヨーロッパがほとんどですが、毎日20局ほど交信できています。残念ながら、アジアは全く聞こえません。

EU内の局が「Cq DX」を打っている時に、呼んでいいのかどうか、迷います。
こちらでは599サヨナラ風の交信は少なく、ゆったりと10分程掛ける交信が普通です。
免許があ22日までなので、残り少ないチャンスですが
楽しみます。


VQW/hiroさん
ドイツからの書き込み、ありがとうございました。
ロングワイヤーでのEUからASは、なかなか厳しいと思いますが、この週末、私も耳を傾けてみたいと思います。か細い信号が聞こえておりましたら、ぜひお相手ください。あと数日のようですが、ぜひEU各局との親交が深まりますよう、お祈りしております。

ご無沙汰してます。
大阪のJA3VQWです。
今年(2015年)の10月から12月まで、またまたドイツに行くことになりました。
今回もDL/NJ3Qで運用しようと、FCCの免許のコピーやパスポートのコピーなどを付けて、2013年の時と同様に申請書をDLの主管庁に送ったら、「FCCの試験に通っていて、CEPTのT/R61−1も適用されるので、申請なしで3ヶ月間の運用OK」という返事が返ってきました。
DLのほうで何か動きがあったのかは不明ですが、これがきっかけでDLでの運用がさらに便利になりました。
以上、ご報告まで。

VQWさん
ご無沙汰しております。レスポンスが遅くなり、申し訳ございませんでした。
大変貴重な情報ありがとうございます。DLに行くには、FCCライセンスが近道だということですね。
日本もCEPT協定で前進の動きがあるようですが、五輪に向けて気軽に双方の国で運用できるようになったらFBですね。
秋のコンディションがFBであること、また、良い旅になりますよう、お祈りいたします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドイツでの運用に挑戦(反省編3:完結):

« ZK3Tに挑戦 | トップページ | 6m&Downコンテストに挑戦(賞状到着) »