フォト

最近のトラックバック

2021年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« ドイツでの運用に挑戦(現地編3) | トップページ | ドイツでの運用に挑戦(現地編5:完) »

2013年1月 3日 (木)

ドイツでの運用に挑戦(現地編4:お礼)

さて今回、ドイツまで無線機を持ってきた最大の目的は、「QSOパーティに参加したい」でしたが、2時間ほど前に終わりました。結果は、20局達成できずでした。20局どころか、明日が運用最終日ですが、今のところ、JAとは1局もできておりません・・・。

しかし、今回、JP7CTE局、R3RT局にはクラスターに上げて頂き、特にJP7CTE局には「LP Felt signal but not copy」とコメントまで頂きまして、本当にありがとうございました。きっとこの他にも、多くのJAの方が耳を傾けて下さったかと思います。本当に心から御礼を申し上げます。特に精神面でサポートしてくださったJI1SAI局に感謝いたします。

P1032093

P1032094_2

P1032095

3.5mのロングワイヤーを釣竿に沿わせ、5m2本、10m2本のグランドをMFJ-971につなぎ、100Wで21MHzにQRVしていましたが、一応JAには信号の欠片でも届いていたのだと思うと、電波の力に改めて驚かせられます。

明日まで、時間を見てQRVしてみようと思いますので、 QSOパーティは終わってしまいましたが、聞こえておりましたら、どうぞ宜しくお願いいたします。

« ドイツでの運用に挑戦(現地編3) | トップページ | ドイツでの運用に挑戦(現地編5:完) »

ドイツ運用記」カテゴリの記事

コメント

海外運用お疲れ様です。
写真の山肌が海外運用の匂いを運んでくれてますね~。
時折、信号が浮いてきてわずかに存在を確認できるときがありました。
QSOしたいですね~。SAI

SAIさん
色々ありがとうございます。初めての海外運用で色々学ぶことが多かったです。
やっぱりシーズンがシーズンだけに厳しかったようです。
とりあえず、DL/JH1OESの足跡は残せたので、万々歳ということで。
de DL/JH1OES

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドイツでの運用に挑戦(現地編4:お礼):

« ドイツでの運用に挑戦(現地編3) | トップページ | ドイツでの運用に挑戦(現地編5:完) »