フォト

最近のトラックバック

2021年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« IARU HF World Championshipsに挑戦(結果) | トップページ | ZK3Tに挑戦 »

2013年1月23日 (水)

QRPへの挑戦

東日本大震災の後、計画停電の話題があってから、QRPを意識して運用しています。

電波法第54条でも空中線電力は、「通信を行うため必要最小のものであること」とされていますので、5WでQSOできる場合に、あえて100Wで電波を出す必要はないと思います。

と、意識はしているものの、アパマンでDXに挑戦する上では、残念ながらある程度のパワーは必要と思います。一方で、TVIの心配や電波防護指針の概念も考えれば、いくらでもパワーを入れても良いというわけではないのも事実です。

当局は、一応100Wが上限ですが、100Wが身の丈にあっているように思います。ビームを使っているような方は、比較的長い時間安定してDXが聞こえているかも知れませんが、やはりモービルホイップ+αでは、良く聞こえていても、いずれ聞こえなくなってしまいます。聞こえている間に確実にQSOするためには、QRPはアパマンにとって厳しいと思います。実際、50Wでもコンディションの変化に間に合わないことが多々ありました。

但し、決してアパマンでDXするときにQRPがダメというわけではないです。当局もラディックスのRD-S106に5Wで8J1RLと21MHzCWでQSOできていますから、本当にコンディションがよければ、チャンスがないわけではないと思いますので、そういうときには積極的に挑戦する価値はあると思います。

201301222207000

ちなみに、以前書いた徒歩で移動運用しているときは、わざわざQRPとは打電しませんが、実際QRPで多くの方とQSOして楽しんでいますし、2012年のWPX CWは近くの公園から5mの釣竿バーチカルで14MHzのQRP(3W)で参加しましたが、LS1D(Argentina)ともQSOできています。(LotwでCFM済み)

201301222057000

そういう意味で、先日のヘンテナデビュー40周年記念 第33回全市全郡コンテスト併設ヘンテナユーザーQRPコンテストでの入賞は、大変嬉しかったです。(今日、賞状が届きました。主催者様、ありがとうございました。)

というわけで、私はQRPでできそうな時は、QRPに挑戦するというスタンスで、QRPにこだわってはいません。ですが、確かにQRPでもDXはできますし、できたときの感動が大きいのも事実ですので、これからも機会を見て挑戦したいと思います。

追伸

以前、ALL JA1コンテストの賞状の訂正依頼をしていますと書きました。こちらも先日、新しくお送り頂き、無事到着いたしました。

201301222056000

よくよく見ていただくと、発行日もきちんと新しく付けて頂いており、迅速な対応をしていただいた主催者の方に感謝申し上げます。

« IARU HF World Championshipsに挑戦(結果) | トップページ | ZK3Tに挑戦 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: QRPへの挑戦:

« IARU HF World Championshipsに挑戦(結果) | トップページ | ZK3Tに挑戦 »