フォト

最近のトラックバック

2021年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 大都市コンテストに挑戦 | トップページ | WAZに挑戦? »

2013年3月23日 (土)

HR14の活用に挑戦

連日夜遅くなり、数日記事を書くことができませんでした。さて、今日は、近くの公園の桜が見ごろでしたが、肌寒いので、眺めるだけにし、家でHR14の活用に挑戦することにしました。

なお、予めお断りいたしますが、以下を行う際は、自己責任でお願いしたいと思います。

以前、HR21でCWで耐入力の1/2である100Wを入れ、コンテストを無事終えることが出来たと書きましたが、HR14も先日の大都市コンテストで3時間の間、100Wを入れましたが、無事終えることが出来ましたので、一応CWの100Wでも耐えられそうです。

そのHR14の説明書を読んでいて、ふと思ったのですが、1cmで約50KHzの周波数が変化するとあります。上部エレメントは、1.2mありますから、これを切り詰めると14MHzよりも上の周波数で使えるのではないかと。

例えば、18MHzで使うとすると、14MHzから見ると4MHz上ですので、4000KHz÷50KHzで0.8m切り詰めると同調しそうです。つまり、40cmぐらいのエレメントを付ければ18MHzに出れるのでは、と考えました。そこで、まず、201303231809001

いつもエレメントを六角レンチでネジを緩め付けたり、はずしたりするのですが、最近ネジ穴がつぶれかかっています。いっそのこと、M3の手で回すネジをホームセンターで買ってきて、元々ついているネジと交換することにしました。これで、収納が容易になりそうです。常時アンテナを設置されている方等は、強度が落ちそうなので、お勧めしませんが・・・。そして、201303231809000

50cmぐらいのエレメントになりそうなものを探していたところ、RD-S106の50cm大のエレメントが見つかりました。使っておられる方は写真をご覧になれば、どのパーツか分かるかと思います。多少、設置状況で長さは変わると思いますが、当局の環境では、少しエレメントを入れたところで、18MHzのCWでSWRが1まで下がりました。後は、電波が飛んでいるかです。

ダメもとなので、5N7Mを呼んでみましたが、なんとコールバックがあり、続いてRI1ANPも呼んでみましたが、こちらもコールバックがありました。意外や意外、14MHzのアンテナを買ってきたのですが、エレメントの交換で手軽に18MHzでも遊べることが判明して大満足です。

とはいえ、上部エレメントが短くなった分、HR18よりは電波の放射効率が悪いとは思います。なので、18MHzをメインバンドにされたい場合には、きちんとHR18を使われるのが良いと思います。

ちなみに、HR21は説明書によると1cmで約75KHzの周波数が変化するとあります。例えば、24MHzで使うとすると、21MHzから見ると3MHz上ですので、3000KHz÷75KHzで0.4m切り詰めると同調しそうです。上部エレメントは、HR14と同じ1.2mですので、0.8mぐらいのエレメントを付ければ24MHzに出れるのでは、と考えております。

ちなみにRD-S106の50cm大のエレメントを付けたところでは、27MHz辺りでSWRが下がっていたので、もう少し追い込めば28MHzで何とか遊べそうな印象です。いずれにしても、HR21は、手元に適当な長さのものがありませんでしたので、これは後日挑戦してみたいと思います。

« 大都市コンテストに挑戦 | トップページ | WAZに挑戦? »

アンテナ」カテゴリの記事

コメント

Congです!! アフリカに南極ですか~
これは、当局も別宅でやる気が出てきました。hi

SAIさん
無線は、電波を出してみないと分からないということが良く分かりました。きっと14MHzのアンテナに18MHzは乗らないだろう、きっと飛ばないだろう、とあきらめる前に、アマチュアなんだからとりあえずやってみれば思わぬ結果が転がり込んでくるんだなと。ぜひ、別宅でも挑戦を!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: HR14の活用に挑戦:

« 大都市コンテストに挑戦 | トップページ | WAZに挑戦? »