フォト

最近のトラックバック

2021年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« ALL JAφ 3.5MHzコンテストに挑戦 | トップページ | BM0QRPに挑戦 »

2013年3月14日 (木)

CWへの挑戦

1万アクセスありがとうございます。

昨年の夏から始めましたが、何とか今のところ、続けることが出来ています。引続き頑張りたいと思います。

さて、今日は、CWのことを少し書きたいと思います。当局は、開局当初は電話級で、今から20年前に2級を取得しました。(某コンテストのナンバーで言えば、93ですね)

そのときにCWを覚え、当時所属していたクラブのコンテストで、縦振電鍵を使ってCWデビューしました。(そのクラブでは、CWができるメンバーが少なかったのです。)当時は、エレキー・パドルという高級品に触れる機会は全くありませんでした・・・。

その後、0エリアに移るまでは、何とかCWもやっていましたが、アクティビティの波に飲まれ、10年以上CWから遠ざかっていました。なんと復活したのは、平成22年の夏です。(ああ、だからLIDなんですね、という突っ込みはご勘弁を)

リハビリは、何と実践あるのみ、といきなりCQを出すという恐ろしい挑戦をした結果、CWは「出れる」から「できる」といえるところまでようやく来たような気がします。

とはいえ、未だにパドルが使いこなせないため、メモリーキーヤーの入力にすら手こずるというお恥ずかしい状況でして、基本は縦振電鍵で送信をしています。一応、20WPMの送受信を確実に、というスタンスで、がんばっています。(もちろん受信については、スピードアップの努力をしていますが、最も自分に心地よいスピードが20WPMなのです。)

ところで、皆さんも言われていることですが、私も、少なくともアパマンハムを楽しむには、CWは必要なスキルだと思います。DXのほとんどがCWでのQSOなので、CWあってのDXだと思っています。

そして、経験から言えるのは、いわゆる「5NN BK」でも良いから、実際にCWで電波を出すのが、近道と思います。

その場合、まずは、速い局でも、パイルアップでも、どんな速さでも、QRMでも、QSBでも、確実に自分のコールサインへのコールバックを聞き取れることが必須であるということは云うまでもありませんが・・・。

そういう意味では、7MHzでJCC/Gサービスをしている局で聞き取れるスピードの局が一番いいかも知れません。緊張もつかの間、あっという間に1QSOが終わりますので、積み重ねていれば、度胸・自信がつくかと思います。

そうしたら今度はCQを出し、5NN BKで局数を重ねていけば、段々物足りなくなって、ラバースタンプQSOにだって、チャットだって、手を出したくなると思います。

ぜひ、CWでお会いしましょう!

« ALL JAφ 3.5MHzコンテストに挑戦 | トップページ | BM0QRPに挑戦 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんばんは~!

そ~なんです。
自分のコールが確実に取れるようになったら、次のステップはCQですね!

ローカルスキップでCQを出してます。
板東太郎アワード対象地移動からCQ出してます。
スキップしてなければ宜しくです・・・。

SAI

当局も、CWでCQ出し始めて、まもなく2年になります。
(忘れもしない、2011/4/17の7.017MHzあたりの和文帯でした>>>当時何も知らずに。。。^^)

相変わらず、5NN BKから脱出できませんが、お馴染み局だと、少しずつ余計な(^^;事を打ち始めるようになりました。
得意技は「トトツーツートト」(爆)ですが、聞こえておりましたら、よろしくお願いします。

最近では、コンテスト以外は、ほぼ移動運用専門になりました。

SAIさん
コメントありがとうございます。CWは踏み出す勇気だけなんですよね。
私も最初の頃に(今も?)相手に長文を打たれてうろたえていると、相手が気付いて「TU」で切り上げてくれたり、どうしても聞きたいことだけを「?」で聞いてくれたりしてくれることが分かり、だんだん不安が小さくなったことを思い出します。みんな同じ道を通ってくるんだなと思いましたね。
昨日は無線がお休みでしたが、週末になりましたので、SAIさんのCWが聞こえていたら、呼んでみたいと思います。

KRTさん
コメントありがとうございます。
7.017ですか。ホレ?は打電されませんでしたか? 私は、未だに和文は送受ともに全くできないので、ホレ?を打たれると、申し訳無さそうにSRI NO ホレと打電せざるをえない自分がいます。できるようになりたいとは、思っているんですけどね。
私は、599BKにだんだん、慣れてきたら、最後に「DR ●●SAN CU AGN NEXT TEST 73 TU EE」とか打っていましたね。これだったら、打電逃げできるので(苦笑)。たまに相手が長文の返礼をしてくれ、パニックになりかけるのですが、最後はむこうも「EE」でほっとする自分がいたり・・・。
でも、確かに知り合いの局に「599 BK」から一歩進んで「DR ●●SAN 599 FB BK」と打ってきてくれると嬉しいものです。
週末移動されるようなので、KRTさんのCWが聞こえていたら、ハンドル込みで呼んでみたいと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: CWへの挑戦:

« ALL JAφ 3.5MHzコンテストに挑戦 | トップページ | BM0QRPに挑戦 »