フォト

最近のトラックバック

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« JA1YAAの運用に挑戦(4月24日 予告) | トップページ | JA1YAAの運用に挑戦(結果) »

2013年4月24日 (水)

第1級アマチュア無線技士に挑戦(合格通知・免許申請)

201304232044000

昨日、いきさつや私の勉強法を含めて、記事を書いていたのですが、最後、何とサーバーが応答しなくなり、全部消えてしまい、意気消沈してご報告が出来ませんでした。

無事、昨日、合格通知を頂きました!

と言うわけで、

201304240851000

今日は、関東総合通信局に無線従事者免許の申請書を直接提出してきました。何度か総合通信局には行っていますが、1階の警備員に行き先を告げれば、誰でも直接行くことが出来ます。

普段は無線局免許状関係なので、陸上第3課に伺っていますが、今回は、無線従事者免許証関係なので、航空海上課が窓口となります。ちなみにどちらも同じフロアの22階に位置しています。

無事、何事も無く、担当官に受理していただきましたので、後は返信を待つのみです。

ちなみに、昨日書こうと思っていたいきさつ等々は、後日改めて書かせていただこうと思います・・・。

« JA1YAAの運用に挑戦(4月24日 予告) | トップページ | JA1YAAの運用に挑戦(結果) »

免許関係」カテゴリの記事

コメント

こんにちは

私も、直接申請したかったです。 (o^-^o)
年末で、東京まで出かけることが出来なくて、やむなく郵送でした。
皆さん、勉強方法など知りたいでしょうね。

私の勉強方法を公開します。

第1級ハム国家試験問題集2012/2013年版 (通称野口本)
第一級アマチュア無線技士『解説付き』 過去問題集(CD-R) QCQ企画

こちらを使って勉強しました。
試験問題のベースは、知識問題です。(工学、法規とも)
(工学だと、試験問題の5割程度が知識問題なので、合格点に達するには、知識問題の正解率を上げる必要があります。)

工学は、知識問題で点数を稼いで、残りを計算問題で補完するという
イメージですかね・・・

ポイントは、過去問を繰り返し解いて、暗記していくことかな?

役立ったのが、QCQ企画のCD-R
PDFファイルになっていて、過去5年間分の試験問題が網羅されています。
5年間分のデータまとめただけでしょう?
そうですが、工夫次第で威力絶大です。

5年間分のデータを、串刺し検索して、似たような問題を抽出できます。
順番を変えていたり、違う過去問と組み合わせていたり、問題の変遷が解るので、対応力が増しました。(*^-^)

(似た問題で、回路図、抵抗や電流などの計算でも、意外と違いがある事に気づきます。)

また、解説も付いているので、他の参考書を引っ張り出して確認する手間を省けて集中できました。

皆さん、工夫して勉強しておりますので、ノウハウの公開、これから受験される方
にとっては、とても参考になると思います。


XUIさん
XUIさんの勉強法もっと早く知りたかったです。
QCQのCD-Rには便利な機能があったんですね・・・。

私は地道に書籍の繰り返し、でしたが、いずれにしても継続は力なり、なんだろうなと思いました。
後日、改めて私の勉強法は記事にしようと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第1級アマチュア無線技士に挑戦(合格通知・免許申請):

« JA1YAAの運用に挑戦(4月24日 予告) | トップページ | JA1YAAの運用に挑戦(結果) »