フォト

最近のトラックバック

2021年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« ハムログ情報(道の駅Get’s Ver4.2b) | トップページ | DXCC(Lotw)に挑戦(達成!!!) »

2013年4月 3日 (水)

JARL Newsを読んで

周期的に天気が悪く、モービルホイップが取り付けられない日が続いています。

さて、先日、JARL Newsが届いたので、眺めていたところ、会費前納制度の見直しの記事がありました(webでも掲載されていますね)。このブログでは、あまり政治的な記事は書きたくないので、これについては特別触れないのですが、1200MHzの記事のことは、やっぱり触れずにはいられず、ご興味のある方はお付き合いを・・・。

1200MHzのことは、以前にもこのブログでも書かせて頂きました。今回のJARL Newsにも書いてある通り、1200MHzでのアマチュア業務は2次業務です。先日訪問したドイツもそうでしたが、総務省のホームページでも調べられるとおり、世界的にも1200MHzのアマチュア業務は2次業務になっています。(ちなみに430MHzですら、地域によっては2次業務のところもあります)よって、今から1200MHzをアマチュア業務を1次業務にして、アマチュア専用に!というのは、なかなか難しい話だと思います。

1200mhz_2 

また、関連法令に無線局は従うべきですから、1次業務を優先するのは、アマチュアにとっては止むを得ないことと思います。後発で無線通信に割り込むPLCには、断固とした態度が必要ですが、この1200MHzの問題は、いかにアマチュアが他の業務と共存していくのかということが試されているのだと思います。よって、アマチュアの優先権を主張するよりも、我々もそのバンドを使っているんだ、一緒に電波を有効利用したいんだという意思表示が大切だと思っています。

そういう意味では、今こそ、1200MHzを活性化させることが大事なのではないかと感じます。かくいう、私も開局当時は1200MHzのリグは高価で手に入りませんで、ようやく最近QRVできるようになりましたが、今でも1200MHzが出れるリグは限られており、気軽にQRVできるものではありません。恐らく今後も、免許されなくなるというわけではなく、2次業務である限り免許はされ、運用はできるので、これを機に例えば、安価で1200MHzにQRVできるようにメーカーに働きかけるというのも大事な取り組みではないかと思います。

ところで、今回の記事を見ると1200MHzのレピータ出力を今後低減する予定とのことです。実際に1次業務が運用されれば共存のために低減する必要があるかも知れませんが、10Wを1Wに下げるというより、もっと柔軟に5Wではだめなのか等、影響範囲を実測して対応するなどしたの方が共存の趣旨に近い気がします。今まで10Wのレピータを介して1200MHz使われていた方が、聞こえなくなったと使わなくなり、益々バンドのアクティビティが下がってしまうのではないかと心配です。

そして、JARLが推進するD-STARは現在、ID-31の誕生で430MHzがメイン周波数になっていますが、バンド幅を考えるといつかはレピータが飽和するでしょうし、これからの機能拡充を考えると1200MHzが大事な周波数になるのではないかと思います。今回の記事では、レピータの新設は控える予定とのことです。これでは、D-STARのさらなる発展が閉ざされてしまうのではないかと心配です。

JARL Newsに書かれている事実関係自体は正しいと思います。1次業務が運用する際に、アマチュアが妨害するようなことがあってはいけないと思います。ですが、記事のトーンからは、やや委縮気味かなという印象を受けてしまいました。ぜひJARLには、電波の有効利用を考える機会として、先に書いた空中線電力でどの程度伝搬が変わるのかというようなデータ集めのため、QRVしましょうと呼びかけるなど、もう少し積極的に共存策を模索してほしいなあと思います。

私自身も小さな一歩ではありますが、1200MHzの運用は、出来る限り引き続きやっていきたいと思います。ちなみに1200MHzのことばかり書きましたが、1200MHzより上も2次業務なので、今後の国の動向に注意しつつ、できる限りアマチュアも使っているんだという意思表示が大事だと思います。

最後に、新しいバンドプランの話題も載っていましたね。個人個人の運用形態によって、使いやすいバンドプランは変わってくると思いますので、全ての人に100点といわれる答えはないのかもしれません。ご担当者の方も相当御苦労されていると思いますし、難しい話題ですが、今まで以上に限られた電波を有効に利用できるバンドプランになるといいなと思います。

« ハムログ情報(道の駅Get’s Ver4.2b) | トップページ | DXCC(Lotw)に挑戦(達成!!!) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: JARL Newsを読んで:

« ハムログ情報(道の駅Get’s Ver4.2b) | トップページ | DXCC(Lotw)に挑戦(達成!!!) »