フォト

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 第43回大都市コンテストに挑戦(結果) | トップページ | CQ誌800号記念アワードに挑戦(7) »

2013年9月10日 (火)

(子どもの)2013AADX Phに挑戦

先週末は、All Asian DX Phに子どもと挑戦しました。ちなみに、子どもがSOJRで挑戦したのがメインイベントですが、クラブでの運用と私自身の運用もちょっと書きます。

Aacondex_2 

まず、全体を通してですが、コンディションが今ひとつだったと思います。サンスポットナンバーも昨年の1/3! 昨年のAA DX Phに比べても、EUの奥はかなり遅くならないと聞こえてきませんでしたし、普段は良く聞こえる北欧や東欧でも苦労する場合が多かった印象です。

そんな状況での子どものSOJRですが、なんと30分に1局ペース・・・。

聞こえなかったというより、聞き取れなかったというのが正しいのかもしれません。実は、フォネティックコードを聞き取れませんでした。あと1文字が分からないというケースが多く、強く聞こえていても呼べないという悪循環・・・。

SOJRにエントリーさせるためには、全てのことを自分でやってもらわないといけません。手出しをしたら、マルチオペになってしまいます。海外運用の日本人オペのフォネティックコードは聞き取れていたのですが、海外局オペのフォネティックコードは、小学生には厳しかったようです。

201309092118000

というわけで、結果は推して知るべし、となりました。結果を見て、次回こそはと思ってくれることを期待したいと思います。

ところで、本人いわく、モールスの方がまだ良かったとのこと・・・。長年モールスに苦しんだ身にはびっくりですが、確かに発音の差とかはなく、符号は万国共通なので、電話慣れしていないと電信の方がいいと思うのかもしれませんね(末恐ろしい・・・)

ちなみに「5910」はインパクトが強かったようで、本当か?と聞いてくる局が多かったです。「Wonderful!」などと言って頂けて、挑戦させてよかったなあと思いました。

さて、クラブでの運用ですが、こちらも設備はFBなのにコンディションに泣かされました。その上、クラブ室は、9時から21時までという施設上の制限があり、子どもと一緒ですから夕方には帰らないといけませんので、朝のNAや宵のEUという時間帯には運用することができず・・・。

クラブ室で運用できない時間は、自宅から個人運用としましたが、コンディションの良い時にクラブ室で運用できたらなあ、と思いました。クラブでは、マルチオペなので、心置きなく(?)私がコールを聞き取り、「5910」を子どもが景気よく送信しておりました、hi。

最後に私はというと、土日の夜間にちょこっと運用しましたが、コンディションが悪く、モービルホイップでは呼べど・・・。特に日曜日の夜は大雨に雷で、ノイズもひどく・・・。そんな中、偶然見つけた20mのYS1YSは大金星でした。

ノイズに閉口し、プリアンプを切っているにも関わらず、モービルホイップでS9! 何度もCQを出されていたので、思い切って呼ばせて頂きました。応答頂いた時には、思わず心の中で小躍りしていました。

私が呼んだ後もCQを繰り返されており、こんなに良く聞こえているのだから、たくさんのJAが出来るのではないか、勿体ないなあ(呼ばれないといなくなってしまうのでは)と思い、思わずクラスターにあげてしまいました(パイルになったじゃないかとお怒りの方すみません)

私のところでは、実は10分ぐらいすると弱くなってしまい、本当に貴重なタイミングを頂いたようです、hi。

今回も週末を楽しませて頂きました。交信して頂いた皆様、ありがとうございました。

« 第43回大都市コンテストに挑戦(結果) | トップページ | CQ誌800号記念アワードに挑戦(7) »

コンテスト」カテゴリの記事

子どもの挑戦」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/589236/58166844

この記事へのトラックバック一覧です: (子どもの)2013AADX Phに挑戦:

« 第43回大都市コンテストに挑戦(結果) | トップページ | CQ誌800号記念アワードに挑戦(7) »