フォト

最近のトラックバック

2021年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 隅田川七福神アワードの運用に挑戦(結果) | トップページ | 第8回愛・地球博記念コンテストと第2回D-STARコンテストに挑戦に挑戦(結果) »

2014年1月19日 (日)

HF30CLに挑戦

ここの所、記事の更新が滞っており、申し訳ございません。

さて、以前、大きな荷物が到着したという記事を書きました。結局、中身は?ということで・・・。

201401191047000

まず、左から隙間ケーブルです。すきま風が寒いという家族の声で買いましたが、実は、まだ設置していません(汗)。真ん中の下は、いわずと知れた自己融着テープです。そして真ん中の上は、CW用のフィルターです。そして、右端はトリプレクサーです。

CW用フィルターとトリプレクサーは、来月の関東UHFコンテストに向けて、準備しました。子どもと一緒に1本のアンテナを共用しつつ、CWにも出るためです、hi。1200MHzの場合、私はTS-2000を使っています。しかし、子どもは設備共用されているのが、IC-970なのですが、フィルターを入れておらず、いずれ欠品になる前に買ってしまったというところです。

でも、これだけじゃ、あの大きさにはなりませんよね・・・。で、その正体はというと。

201401191047001

はい、最近流行の2mセンターローディングモービルホイップの10MHz版を買ってしまいました。このタイプのアンテナは、第一電波さんとコメットさんの2製品がある場合が多いのですが、この周波数は第一電波さんのみ製造されています。

早速使ってみるわけですが、最初アンテナアナライザーで調べると、上部エレメントをローディングコイル部の奥まで差し込んだ状態で、9875KHzにSWRの最低点がありました。

このままでは使えるはずも無く、10MHz帯の中央周波数が10125KHzなので、250KHz分短くすることにしました。説明書によれば、エレメント1cmあたり約36KHz変化すると書いてあったので、約7cm短くすればよいと単純に考え・・・。

201401191049000

やすりで、傷つけながら、20分ぐらいかけ、7cm短くしました。そして、もう一度アンテナアナライザーで調べると・・・。

何とSWRの最低点は10220KHz!(10150~10290でSWR=2以下)

短くしすぎた・・・。

長い分には、さらに短くすれば良いのですが、短くなったものを長くはできません・・・。ローディングコイルへの上部エレメントの入れ方を何とか工夫して、アマチュアバンド内を何とかSWR=2以下にすることができました、ホッ。

とりあえず、8エリア、6エリアとも交信できたので、日本国内はカバーできそうです。個人的には、10MHzのTO2TTが、7MHzホイップでの受信でSメータを振って聞こえてきたことがあるので、そういうときに実力を発揮してくれないかなと期待しています、hi。

« 隅田川七福神アワードの運用に挑戦(結果) | トップページ | 第8回愛・地球博記念コンテストと第2回D-STARコンテストに挑戦に挑戦(結果) »

アンテナ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: HF30CLに挑戦:

« 隅田川七福神アワードの運用に挑戦(結果) | トップページ | 第8回愛・地球博記念コンテストと第2回D-STARコンテストに挑戦に挑戦(結果) »