フォト

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 南極との交信に挑戦(40m?!) | トップページ | 8J1ITUの運用に挑戦(5月9日~12日) »

2014年5月 6日 (火)

(子どもの)8J1RLに挑戦と8J1ITUの運用に挑戦(5月5日、6日)

前の記事のとおり、毎年、JARLでは子どもの日に南極の8J1RL高校生18歳以下の局が優先的に交信する機会を設けています。

昨年はJA1RLから挑戦しましたが、大塚のJA1RLの広さが限られていることから、今年は8J1ITUの設備で挑戦させて頂きました。

Ituant

いつもどおり、アンテナファームにお出迎え頂きました。今回は、このうちの14~28MHzの5バンド2エレ八木を使わせて頂きました。

今回は、18歳以下は、長男1人でしたので、大学生を中心とした若い皆さんにサポートしてもらい、1人で挑戦してみることにしました。(皆さん、TNX!)

まずは18時前に8J1ITUのコールで呼び出しし、無事59のレポートを頂きました。(このアンテナ+50Wで無理ということはないでしょうね・・・)

その後、小学生も18歳以下の個人局でも交信を受け付けているとのことでしたので、ダメもとで持参したFT-817を使って呼んでみることにしました。

8j1rlwith817

すると、こちらもパイルを制して交信成立し、59のレポートを頂きました。これには周囲にいた全員が驚きの声をあげてしまいました、hi。

その後もワッチしていたところ、大塚のJA1RLも、大阪の8J3Aも交信でき、また全国のクラブ局(中学校のクラブ局もあったようですね)、18歳以下の局が交信成功され、よかったなあと思いました。

さて、私はこんなFBな設備に囲まれながら、なんと1局もオペレートをしませんでした・・・。逆に子どもは、

Spot0506

南極との交信の翌日の早朝から18MHz SSBでEU向けサービスを行いました。開局してまもなく1年ですが、わが子ながら大したものだと思います、hi。

さて、そんな子どもですが、南極との交信は初めてではないものの、しっかりと向こうの声が聞こえ、さらに5Wで交信できたことには興奮したようで、帰り道もすごかったね、といっておりました。これからも、その感動を持って、無線を楽しんでほしいなあと思います。

-・・・-

さて、8J1ITUですが、1局も交信しなかった反省を含め、この週末に再度訪問します。今度こそは、10000局に貢献できるように親子で頑張りたいと思いますので、聞こえておりましたら、どうぞよろしくお願いいたします。

« 南極との交信に挑戦(40m?!) | トップページ | 8J1ITUの運用に挑戦(5月9日~12日) »

子どもの挑戦」カテゴリの記事

記念局などの運用」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/589236/59595286

この記事へのトラックバック一覧です: (子どもの)8J1RLに挑戦と8J1ITUの運用に挑戦(5月5日、6日):

« 南極との交信に挑戦(40m?!) | トップページ | 8J1ITUの運用に挑戦(5月9日~12日) »