フォト

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 移動運用に挑戦(9月26日 結果) | トップページ | 第31回オール千葉コンテストと記念局の運用に挑戦 »

2016年10月10日 (月)

D-STARの旅に挑戦

昨日は、所属クラブで全市全郡コンテストに挑戦しましたが、折角の3連休なので、ちょっと旅に出たくなり、いわゆる”一筆書き”乗車をしながら、D-STARの旅に挑戦してきました。

お隣の千葉県はD-STARのレピータの宝庫であり、足跡を残して来ようと思った次第です。さて、さっそく行程から。(錦糸町~自宅~新小岩は省略)

201610100844000

総武線快速 錦糸町8:48 → 東京8:56

201610100908000

京葉線(快速) 東京9:18 → 蘇我10:00

201610101001000

内房線 蘇我10:03 → 木更津10:35

201610101038000

内房線 木更津10:54 → 館山12:03

201610101204000

内房線 館山12:10 → 安房鴨川12:52

201610101253000

外房線 安房鴨川 12:58 → 大網14:21

201610101424000

東金線 大網14:25 → 成東 14:41

201610101445000

総武本線 成東14:45 → 佐倉15:13

201610101515000

総武本線 佐倉15:29 → 千葉15:46

201610101553000

総武線快速 千葉16:00 → 新小岩16:26

201610101627000

と、とても乗り継ぎが順調で、乗り換えの待ち時間にD-STARを運用しようと思っていたのですが、本当にアクセスするぐらいになってしまいました。(鴨川のあたりは、乗らないと1時間待ちになってしまうので・・・)

Dstarlog

レピータアクセスの状況ですが、ちょうど京葉線エリアでは、稲毛レピータが高架になっているためか相性が良かったです。内房線に乗り換えてからは長柄レピータから木更津レピータを使えば木更津あたりまでは、アクセス可能でした。

木更津を過ぎるとやはりハンディホイップでは厳しく、そろそろ南房総レピータかなと期待していましたが、残念ながら停波中とのことで、館山市付近では足跡を残せませんでした。外房線では、鴨川レピータが南部で唯一アクセスでき、上総一ノ宮まで戻ってくると長柄レピータにようやくアクセスできました。

その後は、東金線まわりでしたが、東金レピータ、八街レピータ、佐倉レピータと順調にアクセスでき、千葉駅では稲毛レピータにアクセスでき、総武本線は列車に乗りながらD-STARが楽しめるのではないかと思いました。

Chibaroute

DPRSでも何となく、千葉の南側を移動していたんだなと足跡を残すことができました。途中で、知り合いの局とも交信を楽しむことができ、ちょっとした小旅行をより楽しむことができました。交信いただいた皆様、ありがとうございました。

ちなみに、ID-51のGPSロガーを見ると。

Chibaroutegoogle

きちんと一筆書きだったことが良くわかります。無線ができなくてもID-51を持っていくとこういう楽しみ方があるんだと思った次第です、hi。

追伸:そういえば館山や鴨川のあたりでは、JRの鉄道無線はまだデジタル化していないようでした。(あのピーという音が聞こえましたので)

« 移動運用に挑戦(9月26日 結果) | トップページ | 第31回オール千葉コンテストと記念局の運用に挑戦 »

移動運用」カテゴリの記事

コメント

FBなQSOありがとうございました。
D-STARなので、終始安定したQSOでした!
430MHzのホイップANTで山形ー千葉がつながるんですから面白いですね。
これからもD-STARの旅お願いします!

SAIさん
コメントありがとうございました。返信が遅くなり、すみません。
D-STARでの交信、ありがとうございました。
次は、千葉の北側に行ってみようかなと思っております。
またお声がけいただければ幸いです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/589236/64327387

この記事へのトラックバック一覧です: D-STARの旅に挑戦:

« 移動運用に挑戦(9月26日 結果) | トップページ | 第31回オール千葉コンテストと記念局の運用に挑戦 »